主にInDesignによる新聞組版Tips中心です。Mac使いですが業務はWin多め。Win DTP Tipsを増やしたい

【InDesign】【スクリプト】プリント後、ページ指定を「全て」に戻すイベント

続編あり。

味ぼん先生の呟きから気付いて作りました、InDesign イベントリスナー。 Adobeソフトは印刷の前回設定が次にも残るのが仕様ですが、プリントページ指定は大体頭から抜けていて毎回臍を噛みます。みんなもそうだよね!(?)

味「ドキュメント開いたときにプリント設定初期化するハンドラ入れる?」

そうだよね。なんで今まで気付かなかったんだろう そういうもんよ

そいでは。


翌日気付いたんですが、これブックを出力する際「ページ数」でエラーが出る(筈)。

後日、エラー設定を追加しておきますね すぐやらんのかい

2023.6.2 14:30 修正版
//DESCRIPTION:プリントページ指定を、プリント後「全ページ」に戻すイベント(らーで閣下)

#targetengine "EventListener_afterPrint_2023"
(function(){
app.addEventListener("afterPrint", function(){
    if(app.activeDocument == null)
    { return; }
    else
    {
        app.activeDocument.printPreferences.pageRange = 1886547553;
        }
        }); // イベントハンドラ終了
})();

/*
ALL_PAGES   1886547553
prna    全ページ
SELECTED_ITEMS  1886547571
prns    Export selected items in the document.
*/

「ドキュメントを開いた時」ではなく、プリントウインドウが閉じられた後に発動します。

targetengine名の後ろに「2023」とあるのは、複数バージョン同時起動時に混同するのを防ぐ、#target名を一意にするためです。InDesignバージョン毎にここを変えてあげて下さい。

Startup Scriptsに入れて頂くと、InDesign起動時に常時イベントなります。

Windows(C):ユーザー:[ユーザー名]:AppData:Roaming:Adobe:InDesign:Version xxxx-J:ja_JP:Scripts:Startup Scripts
そんじゃあね。

あれ、ちょっと待て、動作確認してないぞww ←


2023.6.2 14:30 InDesign起動時に既にドキュメントが開いてないとエラーが出る凡ミスを修正

続編

chocomarine.hatenablog.com

に続く。